顧客満足度90%の英会話教室(新宿)・英会話スクールのスパルタ英会話教室

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-16-10  コスモス御苑ビル 702

お気軽にお問合せください

03-6380-6657

(平日):10:00~22:00
(休日/祝日):10:00~17:00

スパルタ英会話を90分で体感できる無料体験レッスン

あなたの自己紹介を講師が音声ファイルにしてプレゼント

スパルタ英会話の無料体験レッスンでは、あなたの英語力をチェックすることはもちろんのこと、プロフェッショナル講師があなたの自己紹介を正しい発音で録音し自宅でも学習できるようにプレゼントしています。

正しい文法、発音で何度も聞くことができるオリジナル教材がゲットできます!

あなたのレベル、目的にあった学習法をレクチャー

無料体験レッスン後のコンサルティングでは事前アンケートとレッスンのレベルチェックから、あなたに最適な学習方法をコンサルタントがレクチャー致します。

お客様それぞれの英語学習の目的、目標をヒアリングし、スパルタ英会話で3ヶ月間通われた際の学習フローを丁寧にご説明させていただきます。

優秀なコンサルタントが英会話を身につけるための最短ルートをリードします。

3ヶ月で英会話が身につけられる理由

3ヶ月で100時間を超える豊富なレッスン量

英会話を身につける上で重要なのは「会話量」です。

グループレッスン通い放題は、受講期間中1日最大10時間ご利用いただけます。

スパルタ英会話では短期間で英会話を身につけていただくために、徹底的に会話できる環境整備に勤めています。

目的達成型のオーダーメイドカリキュラム

スパルタ英会話では、お客様の目的に合わせたカリキュラムを担当コンサルタントが作成致します。

従来の既存のカリキュラムをただ進めていく英会話学習とは違い、ご自身の目的を達成するためのレッスンだけを行います。

お客様の声

授業内容はまさに「スパルタ」!実際に通い始めてみて、授業は本当に「スパルタ」でしたね(笑)。
それまで英語の勉強方法がわからず、自分の英語力を強化するために何をどのように強化すればよいかもわかっていなかったんです。ただ宿題をちゃんとやることで、英語が身についていったんだと思います。自分の中でも、中学や高校時代とは違って、楽しく勉強することができました。

TOEICの点数にも変化がありました。SPARTA英会話に通う前、TOEICの点数は確か400点くらいしかありませんでした。でも、SPARTA英会話に通ったあと受験したら、150点近くあがったんです。

スパルタに入学し始めた頃は英語がほとんど話せなかったのですが、1ヶ月を境に自分でも上達を実感し始めました。
初めは講師の方々に文法などを英語で説明される際には理解することが難しいときもありましたが、レッスンおよび宿題、オンラインでの英会話を忠実にこなしていると自分が英語でもろもろこなせていることがわかりました。

カリキュラムを進めるにつれ、早く話すことになれる『タンツイスタートレーニング』の効果が徐々に現れ、会話のテンポがスムーズになりました。

自分の目標「警察官として外国人を助けたい」を叶えるために、外国語対応交番勤務希望者に対して英語での試験に挑む必要がありました。短期間でこの目標を達成できる英会話スクールを探し、「短期間」「スパルタ」「脳科学」というフレーズに魅力を感じスパルタへ入学しました。

スパルタの講師・コンサルタントの方々は、目標のために「何をするべきか」「どういった対策を講じるべきか」などをレクチャー・コンサルティングしながら懸命に日々サポートしてくれました。試験直前も模擬面接や宿題をオーダーメイドで行ってくれ無事合格でき本当に嬉しかったです。その他プライベートなことも相談できる講師の方々も多く非常にフレンドリーな環境で学習も効果的に進められたと思います。

ご利用企業様一覧

MEDIA INFORMATION

2017年4月
雑誌『PRESIDENT』掲載

雑誌『PRESIDENT』の2017年4月号に弊社スパルタ英会話が掲載されました。

短期集中型の英会話スクールの中でもスピーキングに特化した唯一のスクールということで高い評価を受けました。

2017年8月
日本テレビ『マツコ会議』出演

日本テレビの人気番組『マツコ会議』にスパルタ英会話が出演しました。

英会話初心者でも3ヶ月で話せるようになるスパルタ式スピーキング練習や、実際に話せるようになったお客様が取り上げられました。

2017年12月
日テレNEWS24『The Social』出演

ニュース番組『the SOCIAL』にスパルタ英会話が出演しました。

目的に合わせた上で、弱点克服するスピーキングトレーニングが話題の英会話スクールという形で取り上げられました。