【わたしの幸せな結婚】最新話までの全話ネタバレまとめ!無料で読む方法は?

少年漫画|全巻・全話ネタバレ

「わたしの幸せな結婚」は顎木あくみさん作の漫画で、ガンガンオンラインにて連載されていす。

現在発売されている単行本は既刊2巻。

ここでは、「わたしの幸せな結婚」最新話までの全話ネタバレや、全巻無料もしくはお得に読む方法の調査結果をご紹介いたします。

【結論】

「わたしの幸せな結婚」を全巻・全話無料で読むと複数の電子書籍サービスを併用することになります。

「わたしの幸せな結婚」を無料で読むなら、U-NEXTを活用すればOK。

全巻・全話無料で読むことはできないものの、「わたしの幸せな結婚」を5話分無料で読むことができます。

※わたしの幸せな結婚は110円(分冊版)で配信中

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】最新話までの全話ネタバレまとめ

ここでは、「わたしの幸せな結婚」最新話までの全話ネタバレを、まとめてご紹介しています。

青文字になっている巻数をタッチすると、その巻の詳しいネタバレを見ることができます。

【わたしの幸せな結婚】1巻ネタバレ

【わたしの幸せな結婚】1話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

「お初にお目にかかります 斎藤美世と申します」

美世は深々とお辞儀をしままま動きませんでした。

美世は歴史のある異能者の家系である斎森家の長女として生まれましたが異能を持っていませんでした。

幼い頃に実母が亡くなり、継母がやってきて義妹である香耶が生まれました。

香耶に異能が発動すると、美世の立場はどんどん悪くなっていきました。

まるで召使いのような扱いを受けるようになり、笑顔も無くなっていきました。

そんな日々を送る美世にとって1番の安らぎは幼馴染の辰石幸次の存在です。

ある日、幸次が斎森家に呼ばれ、その席に美世と香耶も同席することになりました。

長女である自分との縁談の話かもしれない、と美世は期待しますが…幸次は親の言いつけで香耶と結婚することになりました。

失意の美世に追い討ちをかけるように、父親は美世にも縁談の話を持ち出しました。
相手は久堂清霞。

久堂家は資産も権力もある名家ですが、当主である清霞は冷酷無慈悲な人物だと有名です。

美世にはわかっていました。

一度家を出たからには二度と斎森家の敷居を跨ぐことは許されないでしょう。

美世は女学校も出ていません。

そんな自分が清霞と上手くいくはずがありません。

美世が下を向いて廊下を歩いていくと、そこには幸次が待っていました。

幸次は美世に謝ります。

「ごめん 僕は君を助けたかった 僕は君をー」

幸次がその続きを言いかけた時、ねっとりとした笑顔を浮かべた香耶が現れました。

その瞬間、幸次は口をつぐみました。

幸次は優しすぎました。

美世はその夜、今までの辛い日々を思い出しながら眠りました。

そして、久堂家にやってきたのです。

もう美世には帰る家もありません。

どんなに辛い目に合わされようとも、ここでやっていくしかないのです。

そして冒頭のシーン、美世は深々と頭を下げ、お辞儀しました。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】2話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

幼い頃の美世は実母の形見の着物や装飾品がすべてなくなっていることに気づきます。

継母に嫌われていることを知っていた美世は「お義母さまがやったのよ」と疑いました。

使用人の花は美世を止めようとしました。

でも美世はいざとなったら父親に助けてもらえると考え、継母を問い詰めてしまいます。

…結果、父は味方になってくれず、美世は蔵に閉じ込められることになりました。

泣きながら謝っても出してもらえない美世。

それは悲しい過去の夢でした。

目を覚ますと、涙が流れていました。

美世はここが斎森の家ではなく、久堂家であることを思い出しました。

久堂家は爵位を有している名家ですが、当主である清霞は質素な別宅に住み、静かな暮らしをしていました。

美世は何をすればいいのか悩みますが、自分にやれることを始めました。

それは料理です。

斎森の家でも召使い同様の扱いを受けていた美世にとって、料理は慣れた仕事です。

1人で準備を始めた時、通いの使用人であるゆり江がやってきました。

ゆり江の仕事を奪ってしまったのでは?と焦る美世に、ゆり江は暖かい笑顔を見せ「ありがとうございます」と言ってくれました。

ゆり江と共に朝食の準備を済ませた美世は清霞のもとに料理を運びます。

ところが…。

「お前 先に食べてみろ」

清霞は美世に冷たく言い放ちました。

主人より先に箸をつけるわけには行かないと考えていた美世はうまく答えられません。

すると、その様子を見た清霞は「毒でも盛ったか」と更に鋭い視線と言葉を美世に浴びせたのです。

結局、箸をつけることすらなく清霞は仕事に向かってしまいました。

(失敗してしまった)

美世は残された朝食を前に、ただ黙っていることしかできませんでした。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】3話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

清霞は仕事に向かいましたが、集中できていないことを自覚していました。

原因もわかっています。

美世に冷たい言葉を浴びせたことに対する後悔です。

美世の傷ついた顔が頭に浮かびます。

しかし、相手は斎森家の長女…久堂家の地位を狙おうと画策していてもおかしくないと清霞は警戒していました。

しかし、ゆり江は美世について、これまでの婚約者とは違うとはっきり言いました。

清霞も、信頼するゆり江の言葉に少し考えを改めました。

美世はあんなことがあっても無表情を崩しません。

清霞は美世について、まるで使用人のようだと感じていました。

名家の娘として育てられたのなら、あのようになるだろうか?

清霞には美世がわからなくなってくるのでした。

その日、清霞が家に帰ると、美世が話しかけてきました。

今朝の朝食のことです。

久堂家ともなれば、信用のならない自分の料理など口にできないと気づくべきだったと謝ったのです。

「どうかお許しください」

体を小刻みに震わせながら必死で謝る姿を見て、清霞も素直に言いすぎたことを謝りました。

しかし、美世の震えはおさまらず、遠慮してばかりです。

夕食はゆり江が配膳していきましたが、美世は食べていませんでした。

なぜ食べていないのかを尋ねても、美世は俯くばかりです。

清霞はため息をつきました。

そのため息を見た美世は、いよいよ追い出されてしまうかもしれないと感じました。

食事を取り始めた清霞が冷えていることを

口にすると、美世はすぐに謝りました。

「お前は息をするように謝るのだな なぜだ?」

それは、継母や香耶の影響でした。

すぐ謝らなければ機嫌が悪くなり、エスカレートするのです。

だから美世は反射的に謝る癖がついていました。

でもそんなことを清霞に言えるはずもありません。

「もう謝るな」

清霞は美世に言いました。

美世にとって、清霞はただ怖いだけの人ではなくなっていました。

美世の体調を心配してくれたり、謝ってくれたり…。

ただ、美世には異能がありません。

すぐに追い出されるわけじゃないとしても、やはりここに自分は相応しくないと感じてしまう美世なのでした。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】4話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

美世はまた夢を見ました。

母が死に、継母がやってきて香耶が生まれ、香耶に見鬼の才が発現しても自分は異能を待たないまま。

あちこちで噂をされ、扱いもぞんざいになっていきます。

(わたしはいらない子ね)

幼い美世は泣いてばかりです。

そこで目が覚めました。

その夢を思い出し、自分は使えない人間だと再確認させられたのです。

朝食の準備をしに台所に向かった美世をゆり江が出迎えてくれました。

実は、清霞がまた朝食を作って欲しいと美世にお願いをしていたのです。

ゆり江はその話を聞いて素直じゃない清霞を笑いました。

朝食の支度をしながら、美世はゆり江に裁縫道具を貸してもらえないか聞きます。

美世の持っている着物は使用人からのお下がりが多く、だいぶ着古してほつれていたのです。

ゆり江は快諾してくれました。

裁縫自体は名家の令嬢も日常的に行うこと

なので怪しまれなかったようです。

そして、朝食が完成し、いよいよ清霞が口にしました。

「美味い」

「ゆり江とは少し味つけが違うようだが悪くない」

清霞は感じたままに口にしました。

その瞬間、美世の目からは涙が溢れました。

(誰かにこうして褒められたのは 認めてもらえたのは何年ぶりだろう)

その涙を見て困惑したのは清霞です。

なぜここで泣くのか理解できません。

美世はなんとか取り乱したことを謝りましたが、清霞には美世の背景が全く見えませんでした。

その夜、清霞はゆり江に尋ねました。

美世は普通の名家の娘としては育っていないのでは?

ゆり江もその考えに賛同しました。

清霞は美世に対する違和感の正体を突き止めるため、斎森家を調べることにしました。

その頃、斎森家には辰石家の当主が乗り込んでいました。

美世を久堂家に嫁がせたことに不満を持っていたのです。

美世の母は薄刃家の人間であり、異能者としては強力な血筋でした。

斎森の父は、美世はすぐに捨てられると思っていました。

美世をいらない娘だと言い切り、久堂家に捨てられた暁には辰石家に嫁にやることを口にしてしまいます。

辰石家は美世を久堂家に嫁がせるつもりはありませんでした。

美世を巡って、不穏な動きが加速しようとしていたのです…。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】5話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

ゆり江は美世に頼まれていた裁縫道具を持ってきてくれました。

美世はこれでほつれた着物を直すことができるとほっとしたした。

今朝の朝食時、突然泣き出したことで清霞の気分を害さなかったか心配だった美世はゆり江に聞きました。

ゆり江は美世の手を取り、優しく言いました。

「そのくらいで坊ちゃんはお怒りになりませんよ」

ゆり江がそう言うのならそうなのだろう、美世はそう思いました。

でも美世には隠していることがあります。

異能を持っていないこと…それがわかればいずれ追い出される日が来るでしょう。

ここでの生活は一時的な物であることを忘れてはいけない…美世はそう自分に言い聞かせました。

ゆり江が部屋を出ていくと、美世はほつれた古い着物を直し始めました。

ゆり江がそのことに気が付いているとも知らずに…。

美世は誰にもほつれた着物を治していることを知られたくありませんでした。

新しい着物をねだっている、などと思われたくなかったのです。

美世は自分が矛盾した思いを胸に抱いていることに気がついていました。

受け入れられる資格もないのに、嫌われたくないと思ってしまうこと。

嘘や隠し事はしたくないのに斎森のことも自分のことも言わずにいること。

でもどうしても美世には自分を変える勇気がありませんでした。

そんなある日、清霞は街に出かけることを提案してきます。

美世は考えた末に「行けません」と答えました。

用事もないし、清霞と並んで歩くことは迷惑になるだろうと感じていました。

しかし清霞は迷惑ではいと言い、街に一緒に行くことになりました。

美世は清霞に恥をかかせることのないよう、今から準備しておかなければ…!と意気込みました。

その夜、夢に現れたのは母です。

「大丈夫よ あなたがもう少し大きくなったらー」

そこで夢は終わってしまいました。

大きくなったら…?

美世にはまだ母の言葉は理解できませんでした。

そしてこの日はついに清霞と街に行く日です。

美世はゆり江に教えてもらいながら化粧までしてみました。

その美世を見た清霞はその美しさに一瞬見惚れてしまうのでした。

いよいよ、デートの始まりです。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】6話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

初めてのデートが始まりました。

清霞はまず、車を置きに職場である帝国陸軍本部へ向かいます。

ここには車を置きにいくだけでしたが、そこで五道という清霞の部下に会いました。

五道は美世に興味津々です。

清霞は五道に深く詮索させず、街へと向かいます。

街に着くと、清霞は美世に行きたいところはないか尋ねます。

まさか自分の行きたいところを聞かれるとは思っていなかった美世はびっくりしました。

いつものように遠慮して、特にないと答える美世を見た清霞はくすっと微笑みました。

美世もそんな清霞を見て頬を赤らめました。

機嫌のいい清霞に安心しているのです。

「では私の買い物に付き合ってもらおうか」

清霞は美世を連れてあちこちの店を見て回りました。

美世は久々に見た街の賑わいを楽しんでました。

ふと、清霞に「楽しいか?」と声をかけられた美世は我に帰ります。

主人を放って景色に気を取られるなんて…!

美世は慌てて謝りました。

体を震わせて申し訳なさそうにする美世の頭に清霞は優しく手を置きました。

「私への迷惑は考える必要はない お前を誘ったのは他の誰でもない私だ いいな?」

美世はその優しい手と優しい言葉に目を丸くしていました。

清霞は美世と歩調を合わせて歩いてくれました。

冷酷無慈悲、清霞に対するそんなイメージはもう消えていました。

美世は自分が清霞に釣り合うのなら、ずっとずっとついていくのに…と思うようになっていました。

清霞はデートの目的地である呉服屋にやってきました。

実はゆり江から美世がこっそり古着を直して着ていることを聞いていたのです。

言えば、美世は申し訳なさでいっぱいになるとわかっていたので清霞は美世には内緒で着物を仕立てに来たのでした。

桜色の淡い生地を気に入った清霞はそれで着物を仕立てるように依頼し、何かが入った小さな箱を購入して帰りました。

2人は呉服屋を後にします。

並んだ2人を、呉服屋の女将は微笑ましく見送るのでした。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】7話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

呉服屋を後にした2人は甘味処に来ていました。

美味しいものを食べても表情が乏しい美世に、清霞は笑った顔が見てみたいと言います。

それを聞いた美世は思わず「変わっていらっしゃいますね?」と返してしまいます。

失礼で生意気な物言いになってしまったことを慌てて謝る美世でしたが、清霞は怒っていないことを伝えました。

むしろ、今のように美世が素直な気持ちを言葉にしてくれた方がうれしいと言ったのです。

「私たちはこのままいけば結婚する仲だ」

清霞の言葉は美世にとってとても嬉しい言葉でした。

でも、自分には異能がありません。

清霞のことを大切に想うなら、早くそのことを告げて去るべきなのでしょう。

でも、美世は望んでしまいました…。

少しでも長くこの人と居たいと…。

(もう少しだけこの幸せな時間を過ごしたら本当のことを言おう)

こうして初めてのデートは終わりました。
久堂家に戻った美世はお風呂に入っていました。

清霞は呉服屋で小さな箱に入った櫛を購入していました。

艶のない傷んだ髪の美世に贈り物をするなら、櫛が1番だと思っていました。

その櫛を風呂の前に置いておいたのです。

遠慮の塊である美世もこれなら受け取るしかないでしょう。

櫛を見た美世は勢いよく清霞のところへやってきました。

嬉しそうに優しく微笑んだ美世を見た清霞は”愛しさ”が胸の中に浮かんでくることに気が付きました。

一方、斎森美世についての調書が纏められていました。

清霞が独自に調べていたものです。

内容を読んだ清霞は全てを知りました。

虐げられてきた過去、痩せこけた体、古着ばかりなこと、笑わないことも、全て斎森家のせいだったのです。

そして、もう一つ気づいたことがあります。

このような扱いを美世が受けてきたと言うこと、それは美世には異能がないことを表しています。

美世はこの結婚が成立しないと思っているはずです。

過剰に遠慮する背景も見えてきました。

清霞は多くのことを知り、これからどうしていくかを思案しました。

清霞は美世との暮らしに安堵を覚えていました。

自分らしくない、と思いつつも食事を一緒に取れるように仕事まで調整しているほど。

そんな清霞に異能を使った攻撃が仕掛けられました。

実力者である清霞の敵ではありませんでしたが、何者かが清霞を狙っているようです…。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

 

【わたしの幸せな結婚】2巻ネタバレ

【わたしの幸せな結婚】8話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

美世はゆり江にある相談をしていました。
櫛のお礼と日頃の感謝を込めて、清霞に何か贈り物をしたいと思っていたのです。

ゆり江は手作りを薦め、美世は組紐を選びました。

その材料を買うため、街に行く用事ができた美世は清霞にそのことを伝えますが…。

「1人で行くのか?」

「危なくないか?」

「…私が一緒ではいけないのか?」

清霞は心配でなりません。

美世は知らない人間についていかないことを約束して街に行くことになりました。

街に行く日、清霞は美世に肌身離さず持っているようにとお守りを渡しました。

一方、辰石家では…美世を久堂家に取られたことが不満の当主が荒れており、母は引きこもり、兄は我関せず…。

空気が悪くなっていました。

幸次は穏やかな性格ですが、激しい感情を抱かないわけではありません。

例えば…これです。

「ねぇ幸次さん お買い物に付き合って?」

香耶が腕に絡んできます。

(僕はこんな女と結婚して この先何十年も共に過ごさなければならないのか)

でも幸次は激しい感情を見せることはありません。

誰よりも側で斎森家を見張るためです。

それが美世を守る方法だと信じているからです。

(彼女を守れるのは僕しかいないんだ)

その頃、美世はゆり江と街で組紐の材料を選んでいました。

迷ってしまうほどの量がありますが、それでもちっとも苦ではありません。

清霞がどんな顔をして受け取ってくれるのか、考えるだけでも幸せでした。

美世は迷った末にようやく気にいる色が見つかり目的を果たしました。

ゆり江が塩を買いに行く間、1人になった美世に聞き覚えのある声が耳に届きました。

「あら おねえさまじゃない」

聞き間違えるはずもありません。

その声の持ち主は幸次と連れ立って歩く香耶でした…。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】9話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

街で香耶に会ってしまった美世。

「どこかで野垂れ死んでいると思っていたのに」

香耶は意地悪い笑顔で迫りました。

幸次はやめるように嗜めますが、まったく言うことを聞きません。

ひどい言葉を投げつけてくる香耶に、美世は何か言い返したいと強く思いました。

「わ わたし」

実家では香耶に反論することなど許されませんでした。

でも家を出され戻ることもない今なら…!

「も 申し訳ありません」

結局、美世の口から出てきたのはいつもと同じ言葉はだけでした。

清霞と出会い、少しずつ変われたと思っていましたが、香耶を前にすると恐怖に支配されてしまいます。

変わらない自分に1番がっかりしているのは美世自身でした。

涙を見せないように堪えることで精一杯でした。

その時、ゆり江が戻ってきてくれました。

香耶は笑顔で自己紹介しました。

美世はその変わり身と可愛らしい笑顔を見てぞっとしました。

ゆり江も騙されてしまうのではないか?

そして…清霞も…。

しかし、ゆり江は香耶に対し、美世を「久堂清霞さまの未来の奥さまでございますから」と言いました。

香耶は想定外の言葉に驚きつつ、美世たちのもとを去りました。

ゆり江は美世に優しく声をかけましたが、美世は俯き、笑顔を見せることもありませんでした。

何も言い返せない情けない自分が、美世は大嫌いでした。

その頃、清霞は斎森家に足を運んでいました。

美世の父と継母に、美世と結婚する意思があることを伝えました。

その真の目的は、美世への謝罪です。

もし美世に心から謝罪するのなら、結納金を多く包むことにする、と清霞は言いました。

香耶の異能の力は弱く、斎森家の未来はお金に困窮する可能性が高いのです。

しかし、プライドが残る美世の父は即答できません。

「少し考えさせてくれ」

時間を少し与えることにした清霞は、斎森家を後にしようと玄関へ向かいます。

そこで、気分を害して帰ってきた香耶に会うのです。

清霞は冷たい視線を香耶に一瞬向けました。

その美しさに香耶は心をあっという間に奪われたのでした。

この人こそが、美世の許嫁であるとも知らずに…。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】10話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

清霞が家に戻ると、明らかに美世の様子がおかしいことに気がつきます。

挨拶だけを済ますと、何も言わず部屋に下がってしまう美世…。

ゆり江に昼間に起きた香耶との遭遇を聞いた清霞は、ちょうど斎森家と話をつけている最中のタイミングの悪さに厳しい表情を浮かべました。

落ち込む美世の気持ちはわかるものの、こんな時にどう声をかけ、支えていけばいいのかわかりません。

どうしたら自信を持ってもらえるのだろう…清霞が呟くように言うと、ゆり江は笑って教えてくれました。

「女は愛されて自信をつけるのですよ」

ゆり江は清霞に美世を大切にしてあげるようアドバイスしました。

清霞は部屋に籠る美世に「いつでも話を聞くから」と声をかけました。

しかし…それから動きがないまま、まさかの一週間が過ぎてしまいました。

清霞の次の手は、部下の五道にある人を迎えに行かせることでした。

一方、美世は組紐をとっくに作り終え、渡すばかりになっていました。

早く清霞に組紐を渡し、本当のことを言わなければならない。

わかっているけど、そうしたらもう二度と会えないかもしれません。

美世はその勇気が出ずに部屋にこもっているのです。

そして、その日は美世に珍しく来客がありました。

一瞬、香耶だと思い身構える美世でしたが、聞こえてきたのは懐かしい声です。

かつて、唯一幼い美世の味方でいてくれた女中の花でした。

あの蔵から美世を助け出したことを咎められた花は、斎森家をクビになり、追い出されていました。

それからそれなりの幸せを掴み、穏やかに暮らしていることを美世に報告しました。

「お嬢様はいかがですか 幸せですか」

花の言葉に、美世は涙をこぼしながら答えました。

「私は異能を持っていないわ ずっとここにいたらだめなのよ」

ずっと前からわかっていたことでも、口に出すと辛く、美世は泣き崩れました。

行く場所がなくなるからではありません。

清霞と離れたくないと願ってしまったから辛いのです。

そんな美世に花は優しく言いました。

「久堂さまは良い方ですね」

花がなぜここに来れたのか…その理由を考えればすぐわかることです。

「旦那さまが…?」

美世はようやく顔を上げました。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】11話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

どうして清霞が花を呼んだのかを美世が尋ねると、花はすぐに答えました。

「もちろん お嬢様を心配されてですよ」

花のことを知っているということは、斎森家のことも美世のことも調べているということ。

美世が異能を持っていないことももちろん…。

それを知っても心配して花を呼んでくれた清霞の想いを受け取った美世は、ようやく勇気を持つことができました。

美世は幼い頃のように花に抱きしめてもらいました。

「わたし すべてを旦那さまに話します」

清霞が部屋で新聞を読んでいると、廊下を走る音が聞こえ、息を切らせた美世が飛び込んできました。

驚く清霞に、美世は大切なことを伝えました。

異能がないこと、小学校までしかいっていないこと、実家では使用人として働いていたこと…。

だから名家の娘らしい教養もありません。

ずっと清霞の相手には相応しくないと知っていながら、追い出されたくなくて言い出せずにいたこと…。

お詫びと感謝の気持ちを込めた組紐を渡し、美世は来た時と同じように深々と頭を下げました。

「私が話さなければならないことはこれですべてです」

「旦那さまのご判断を聞かせてくださいませんか」

清霞はふっと微笑むと、優しく美世を抱き寄せました。

「お前に出ていかれては困る もう少ししたら正式に婚約しようと思っているのだから」

優しく抱き寄せられた美世は突然のことに胸がいっぱいになりました。

清霞をこっそり見上げると、清霞も耳まで真っ赤にしていました。

「わたし ここにいたいです」

美世は今までの苦しい出来事が報われていくのを感じました。

清霞は美世の手作りの組紐で髪を結ってもらいました。

「ありがとう 大事に使わせてもらう」

「美世」

そして、初めて美世の名前を呼んでくれました。

花を見送り、美世は満ち足りた笑顔をようやく見せてくれました。

その頃…辰石家の当主は美世が手に入らないことで苛立っていました。

清霞が斎森家に現れたことまでは知っているものの、何を話したかまではわかりません。

おそらく、美世のようなみすぼらしい娘をよこしたことに対する苦情だろうと予想しました。

美世が久堂家を追い出されたら、ようやく望み通り辰石のものにしようと狙っているのでした…。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】12話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

呉服屋で頼んでいた桜色の着物が仕上がりました。

清霞は照れながらも美世にその着物を贈りました。

最初は遠慮していた美世も、最後は笑顔で受け取りました。

今日は宴の日、美世は準備を始めました。

花を連れてきてくれた五道に料理を振る舞うのです。

そして、清霞は五道を連れて家に帰ってきました。

家では美世が恭しく2人を出迎えます。

以前とは違い、血色の良くなった頬、艶のある髪、不摂生さを感じさせない手首…美世はまるで別人のように変わっていました。

清霞が美世を見つめているので、美世もその視線に気がつきました。

「綺麗だな」

清霞が口にしたその一言で美世も照れてしまいます。

2人のふんわりとした甘い空気に五道は入り込めず、遠い目で見つめていました。

慌てて五道を招き入れ、早速宴が始まりました。

美世は改めて花を連れて来てくれたことに感謝しました。

褒めてくれる美世に感動した五道は冗談で口説きます。

「美世さん!鬼隊長とは別れて俺と結婚しましょう!」

五道の言葉に思わず飲み物を吐き出した清霞でしたが、美世の返事で機嫌はすぐに治ってしまいました。

「わたしは旦那さまがいいので…申し訳ありません」

それからも宴は楽しく続き、五道は帰って行きました。

清霞がお風呂から上がると、家の中がすごく静かなことに気がつきました。

そんな静けさの中、小さな苦しそうな声が聞こえて来ました。

それは美世の声でした。

清霞が駆けつけると、美世は眠っていました。

夢の中でうなされているようです。

美世に声をかけ、眼を覚まさせると美世は夢を思い出して嗚咽しました。

その苦しそうな様子を見た清霞は美世を抱きしめました。

美世は清霞の腕の中で、夢の話を告白しました。

久堂家に来てから毎晩、同じ夢を見るのです。

母の形見を目の前で壊され、泣いている自分を笑う継母と香耶の姿…。

「わたし…もっと頑張ります できるだけ長く 旦那さまのお役に立てるように」

清霞は美世の不安そうな顔を見て「そうしてくれ」と肯定しました。

これが、否定され続けて来た美世にとっては精一杯前向きな言葉なのだと知っていたからです。

そして、悪夢にはわずかながら異能の力を感じました。

もし、異能ならばそれは美世の母の実家、薄刃家の力以外には考えられませんでした…。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】13話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

辰石幸次の父親に呼び出された香耶は、姉の美世が婚約者と仲睦まじく暮らしているという話を聞きます。

信じられない香耶は異能を使い、美世の様子を見ることに。

そこで目にしたものは、自分が見下してきた気弱でみすぼらしい姉ではなく、誰から見ても素敵な奥様と呼ばれるような、美しい出立の美世でした。

さらに信じられないのは、美世の婚約者久堂が自分が一目惚れをした男性だったことです。

幼い頃から母親に「姉の美世は無能、あなたは美世より優っていなければいけない」と厳しく言われてきた香耶は、幸せそうな美世に耐えられません。

父親に、姉と婚約者を取り替えたいと抗議するものの取り合ってもらえず、ついには自分の婚約者である幸次本人に同じ提案をします。

自分よりも姉の美世の方が好きな幸次ならば、この提案に乗ってくるだろうと考えるもそれは失敗に終わり、怒った香耶は幸次の父親に協力を求めに行くことにします。

一方、美世はゆり江と共に久堂の職場へ差し入れを届けにいきます。

驚きながらやって来る久堂は、表情はあまり変えないものの照れている様子。

しかし、すぐに不安げな顔で美世に自分が渡したお守りを持っているか確認をします。

仕事中のため送っていけない久堂は、名残惜しそうに美世の頭をなでます。

顔を赤らめる美世を見ながらゆり江は微笑み、久堂の変化を喜んでいました。

しかし、美世がお守りを忘れてきてしまったことに気づき、急いで帰ることにします。

落ち着かない気持ちでいたものの、あともう少しで家に着く、というところで突然後ろからやってきた車。

車に乗っていた男たちが美世を捕まえ、車に押し込みます。

目と口を塞がれ拘束された美世は、心の中で久堂に助けを求めます。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】14話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

ゆり江は美世が車で拐われたことを、急いで久堂に知らせに行きます。

いつも冷静で穏やかなゆり江がひどく動揺しているのを見て、久堂の顔にも焦りが浮かぶものの、ゆり江に寄り添い話を聞きます。

美世が自分が渡したお守りを家に置き忘れてしまっていたことを聞き、拐った相手は普段から式で美世の様子を窺っていた辰石だと予測します。

美世を救うためにどう動くべきかを考えているところに、思わぬ人物がやって来ました。

訪ねてきたのは辰石幸次。

幸次は美世を助けたい気持ちから、久堂のもとに来たのです。

幸次は、香耶と自分の父親が縁談について謀を企てていることを耳にして、2人に問い正します。

香耶は相変わらずの態度で婚約者を取り替える相談をしていたと言い、父親も美世の家系の能力を手に入れるためだ、と答えます。

斎森の家でひどい扱いを受けていた美世を何度も助けようとしていたのに、その度に父親に止められていた幸次は納得がいかずさらに食い下がります。

が、父親が言い放った「美世が孤立していたほうが都合が良かった」という言葉に愕然とします。

美世や自分の今までのことを思い、怒りが込み上げた幸次は異能を発動しますが父親には歯が立たず、部屋に閉じ込められてしまいます。

自分の情けなさと美世への申し訳なさで項垂れている幸次。

そこになぜかやって来た兄の一志は、あきらめないで美世を助けたいと言う幸次の拘束を解きます。

こうして幸次は久堂のもとへ行き、美世を助けるために共に美世のもとへ向かうことになりますが、あまりに落ち着いている久堂の様子に戸惑う幸次。

もし久堂が美世を愛していないなら、美世がまだ苦しんでいるのなら…

と悶々と考えていた幸次ですが、目的地に到着した久堂が異能を使い門を焼き払ったのを見て、無表情の裏に大きな怒りを宿していることに気づき、久堂の後を追います。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

 

【わたしの幸せな結婚】3巻ネタバレ

【わたしの幸せな結婚】15話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

目を覚ます美世、薄暗い場所に両手を縛れて拘束されていました。

見覚えのある光景、ここは齊森家の蔵の中でした。

確かな証拠があるわけではありませんが、母たちならやりかねないと思います。

清霞のことを思うと涙が出てくる美世、扉に体当たりして開けようと試みます。

すると扉がゆっくりと開きます。

そこにいたのは香耶でした。

なぜこんなことをしたのかと美世は尋ねます。

すると香耶は薄汚れているのがお似合いだと言います。

そこへ美世の母が駆け寄り、美世を扇子で叩きます。

美世のせいで人生がおかしくなったと話す母。

頭を引っ張り上げ清霞と別れるように言います。

自分から清霞に別れるように指示しますが、美世ははっきりと断ります。

清霞の婚約者であることは譲れないと言います。

その頃、清霞は齊森家の屋敷へと入っていました。

正気を取り戻した真一がどうしたのかと尋ねると、美世はどこだと返されます。

後ろから美世はもう戻らないと声が聞こえます。

幸次の父でした、清霞にもう会わないと美世は言っていると言います。

清霞は本人から確認すると引く気はありません。

まったく能力を使用しない清霞です。

しかし圧倒的な力の差を見せつけ、誰も清霞を止めることが出来ません。

広い屋敷を探し回りますが、美世を付けることが出来ませんでした。

幸次に心当たりがないかと、尋ねると裏庭の蔵かもしれないと答えます。

蔵へ向かおうとする清霞、そこに幸次に父が炎をまとって襲い掛かります。

結界を張って炎から幸次を守る清霞。

勢いのある炎は、結界の周りにある物を燃やし尽くします。

すると突然、炎が収まります。

幸次の父は気絶しています。

清霞が一瞬で気絶させたようでした。

そして二人は美世がいる蔵へと急ぎます。

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】16話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

※準備中

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】17話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

※準備中

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

【わたしの幸せな結婚】18話ネタバレ

〜ネタバレここから〜

※準備中

〜ネタバレここまで〜

全話ネタバレ目次に戻る

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

 

【わたしの幸せな結婚】全巻無料で読む方法の調査結果

冒頭でもお伝えしたように、公式の電子書籍サイトを複数併用すれば「わたしの幸せな結婚」を全巻・全話無料で読むことができます。

利用する電子書籍サイトと、各サイトの特徴をまとめてので、詳しく見ていきましょう。

【わたしの幸せな結婚】電子書籍サイトで安全に無料で読む方法

「わたしの幸せな結婚」は数多くの電子書籍サイトで配信されています。

そして電子書籍サイトの特典を利用することで、無料もしくは半額で読むことができます。

特典が魅力的な電子書籍サイトが下記の3つ。

サービス名
(無料期間)
特徴
(31日間)
  • 無料会員登録で600ポイントGET
  • 有料会員になると毎月1,200ポイント付与
  • オトナ向け動画も見放題作品が充実
(14日間)
  • 無料会員登録で3,000ポイントGET
  • 新作映画やドラマが約7,000作品
  • 韓流や中国、台湾作品なども充実
(月額費なし)
  • 無料会員登録で半額クーポンGET
  • 月額費不要で利用できる
  • 無料試し読みが充実

それぞれのサービスで一長一短ありますが、

選び方

というように目的別で選ぶといいですよ。

以下、各サービスの詳細です。

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

U-NEXTは無料会員登録が完了すると、600ポイントGETできます。

そしてU-NEXTではわたしの幸せな結婚が110円(分冊版)で配信中。

つまり600ポイントを活用すれば、わたしの幸せな結婚を無料で読むことが可能。

さらにお試し期間が31日間とたっぷり。

お試し期間中は18万本以上の動画や、5万本以上のオトナ向け動画が見放題。

特典がとても魅力的なので、お試し期間だけでも充分に楽しむことができますよ。

※わたしの幸せな結婚は110円(分冊版)で配信中

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

クランクインビデオでわたしの幸せな結婚を無料で読む

クランクインビデオは無料会員登録が完了すると、3,000ポイントももらえます。

他のサービスと比べるともらえるポイントが多く、ちょっと怪しく感じるかもしれません。

ですが3,000ポイントしっかりもらえますし、このポイントを使えばわたしの幸せな結婚を何冊も無料で読むことができます。

「わたしの幸せな結婚」の続きが気になる方はぜひ、クランクインビデオでわたしの幸せな結婚を無料で読んでみてください。

※わたしの幸せな結婚は110円(分冊版)で配信中

\無料登録で3000ポイント&14日間お試し/

クランクインビデオでわたしの幸せな結婚を無料で読む

まんが王国でわたしの幸せな結婚を半額で読む

まんが王国は毎日、最大50%のポイント還元を行っています。

この半額クーポンを活用すれば、わたしの幸せな結婚を半額で読むことが可能。

さらにまんが王国は、月額費なしで利用できるのが魅力。

他の電子書籍サービスだと毎月の月額費が発生しますが、まんが王国はそれがありません。

なので読みたい時に、必要なポイントを準備すればOK。

まんが王国でしか読めないオリジナル作品も充実しているので、ぜひ一度お試しください。

※わたしの幸せな結婚は100円(分冊版)で配信中

\毎日最大50%ポイント還元/

まんが王国でわたしの幸せな結婚を半額で読む

【わたしの幸せな結婚】最新話までの全話ネタバレと全巻無料で読む方法まとめ

「わたしの幸せな結婚」を無料で読むなら、U-NEXTなどを活用すればOK。

全巻無料で読むことはできないものの、「わたしの幸せな結婚」を5話分無料で読むことができます。

※わたしの幸せな結婚は110円(分冊版)で配信中

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTでわたしの幸せな結婚を無料で読む

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました